読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Resort Mile

陸マイラー リゾートを愛す

メインカードとしてのSPG アメックス徹底解説

クレジットカード

年会費の高さに思わず表情が曇りがちなこのカード。食わず嫌いはイケません。持つべき人が持てば、確実に膨大なメリットを享受できます。早速、わかりやすく解説して見ます。

 

アホほど高い超高額年会費カードを持つ理由

経営者用?公務員・会社員でも十分「オイシイ」カード

年会費33,480円を超えるこのカード。いわゆるブラックカード、プラチナカードを除くと年会費が最も高額なカードのうちの一つです。持ってる人は、会社経営者や医者、資産家なんかのセレブか見栄っ張りなんじゃないか...。そんな印象ではないでしょうか。しかしおそらく、これほど最初の印象と実利が乖離しているカードはありません。公務員でも会社員でも、持つ人が持てば、完全に「オイシイ」カードです。

f:id:resortmile:20170108230154p:plain

年会費なんて余裕でペイできる「無料宿泊特典」

 最大のメリットは、この無料宿泊特典です。「無料〜」って響き、なんか詐欺っぽいというか、裏がありそうなんであんまり好きじゃないのですが、SPG AMEXの無料宿泊特典は本物です。例えば、ある週末の恵比寿のウェスティンは33,250円。赤坂見附のラグジュアリーコレクションは50,350円。年会費以上の宿泊価格のホテルに、SPG AMEXで宿泊できます。先ほども申しましたが、こういう無料特典には「例外」がありがちです。例えば、年末年始は対象外です...みたいな。しかし、SPG AMEXでは「例外なく」宿泊できます。いわゆるブラックアウト(=宿泊除外日)がなく、クリスマスや年末年始など価格が跳ね上がるタイミングでも全く問題なく宿泊できます。無料宿泊特典に総枠が決められているわけではないので、本当に客室が埋まってない限り宿泊予約可能です。

f:id:resortmile:20170121125308p:plain

ラグジュアリコーコレクション プリンスギャラリー紀尾井町

高確率で客室アップグレード

「Starwood Gold Preferred Guest」

無料宿泊特典だけでも十分元がとれるのですが、これに迫る特典が「スターウッド・ゴールドプリファードゲスト」会員資格の獲得です。これ、スターウッド系列の上級会員資格で、 持っているだけで高確率で客室のアップグレードが受けられます。もしSPG AMEXを持っておらず上級会員資格を得ようとしたら、

1暦年内に10回の「対象となるご滞在」、または25泊の「対象となるご宿泊日数」

が必要になります。かなりハードル高いですよね...。

もし客室アップグレードを受けたら、それこそ3万の宿泊予約が8万にも20万にもなるわけで...、口コミ等を見ていると、どうやらアップグレードの可能性がかなり高いのです。

f:id:resortmile:20170121132854p:plain

ウェスティン仙台

「マリオット」「リッツ・カールトン」でも上級会員資格

ちなみに、ホテルの上級会員資格はどこの系列ホテルでもやっています。先日、スターウッドと合併が決まった「マリオット」と、その傘下にある「リッツ・カールトン」の会員資格もスターウッドとの連携が始まりました。これらホテルの上級会員資格も、自動的に取得できてしまうのです。つまるところ、「スターウッド」でも「マリオット」でも「リッツ・カールトン」でも、客室アップグレードが高確率で行われるということです。

f:id:resortmile:20170121131926p:plain

リッツ・カールトン東京

このカードを持つと得する人損する人

得する人→年一回は、3万円以上するホテルに泊まるかな〜?な人

平均的な所得であっても、クリスマスや夏休みシーズンなど一般的にホテル代が高くなるタイミングで宿泊することは多いかと思います。そんなタイミングでは、間違いなく宿泊代は3万円を超えてくるかと思います。3万円以上のホテルに泊まる方で特にご贔屓のホテルがない方であれば、下記ホテル群への宿泊に無料宿泊特典を活用することで年会費をペイできる為、SPG AMEXはオススメです。少なくとも、損をすることはありません。

国内で無料宿泊出来るSPG系列ホテルリスト
海外リゾートで無料宿泊出来るSPG系列ホテルリスト(非常に多いので、リゾートの一部を紹介)

もちろん、これ以外にもたくさんのリゾートやほとんどの国の主要都市部に、スターウッド系ホテルがあります。

損する人→記念日だろうがクリスマスだろうが高級ホテルなんぞ泊まらんわ!!な人

という方は、間違いなく年会費分損をします。であれば、年会費無料カードもしくは高還元率マイルカードを選択した方が賢明です。 

年会費無料カードや、マイル高還元率カードと比較しても持つべき?

他のカードと徹底比較! 損益分岐点を調べて見ました

年会費を無料宿泊特典でペイできる前提で、他のカードと比較検討してみました。下の図は、獲得できるポイント額をマイル換算した時のグラフです。

 

SPG AMEXの還元率を1.25%、無料カードで有名な楽天カードを1%、陸マイラー王道のカードと言われるANAワイドゴールドカードを1.73%として比較しています。そもそも還元率がSPG AMEXよりも低い楽天カードはもとより、決済額が200万円代までなら、陸マイラー御用達のANAワイドゴールドカードよりもSPG AMEXの方が有利です。

SPG AMEXで貯まる「スターポイント」はJALを含む主要航空会社のマイルと等価交換可能

ポイントサイトなどを活用する陸マイラー活動では、ANAマイルに焦点を絞って貯めていくことがほとんどです。一方SPG AMEXで貯まる「スターポイント」は、ANA以外にJALやBritishAirways、シンガポール航空など主要航空会社に以降することができます。いざ特典航空券に換える時、希望の行き先へ空席がある確率が飛躍的に高まります。

もちろんスターウッド、マリオット、リッツ・カールトンでの宿泊に交換可能

300万円決済なら、 ウェスティン東京やセントレジス大阪に一泊程度できるスターポイントが貯まります。シェラトン モルディブや、ル・メリディアン タヒチにも十分泊まれるポイント数です。宿泊した際のスターウッドポイントの価値は、1ポイントあたり1.4円から6円程度であり、場合によってはマイルに交換するよりも魅力的になっています。

SPG AMEXのデメリットを解消! 併用すべきカードまとめ

SPG AMEXの最大のデメリットである高額な年会費は、無料宿泊特典を有効に使える人なら無視できることがわかりました。ただ、まだまだデメリットがあります。

デメリット...国際ブランドがAMEX

AMEXが使えず、VISAやMasterCardしか使えない店って、ほとんどないと思います。ほとんどないのですが、確実に存在します。特に海外旅行に行かれる方は、VISA/MasterCardを持っておいた方が安心できるでしょう。例えば、300万円以上決済がある方は先ほどの陸マイラー王道カードである「ANAワイドゴールドカードVISA」が良いかと思いますし、それ以下の決済額であくまでも補助的に使うのであれば楽天カード等の年会費無料カードが宜しいかと思います。

f:id:resortmile:20170108200932p:plain

すでにAMEX持ってます...!そんな人が気になることまとめ

プロパーAMEX GOLDとの主な違い

基本的には、海外旅行保険からショッピング補償まで内容は同じです。海外旅行で頼りになるデスクサービスの「オーバーシーズアシスト」も付いています。一方でSPG AMEXについてないもの、それは「ゴールドダイニングby招待日和」と「家族カード無料」です。ゴールドダイニングは、高級レストランにて1名分無料になる特典で、T&Eカードの大きなメリットとなっています。残念ながら、こちらがついてこないです...。また、家族カードの発行には16,740円追加で掛かってしまいます。

Member Sinceが引き継がれます

これは、地味に嬉しかったりします。Member Sinceとは、アメックスの右下に書かれている入会年のことです。将来的にアメックスゴールド、そしてプラチナを目指す時にMember Sinceが引き継がれるのは、安心というか、嬉しいですよね。

 まとめ

 年に一回以上高級ホテルを利用される方には、非常に魅力的なカードです。 じっくり吟味して、カード選びの参考にしてもらえれば幸いです。ちなみに、直接ホームページから申し込むのは愚の骨頂です。「ハピタス」等のポイントサイトに登録し、ポイントサイト経由で申し込むと2000円分のポイントが手に入れられます。(SPG AMEXの場合) 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 ちなみに、上のバナーから登録いただくと私にもビミョーにポイントが入ります。アフィリエイトみたいなものです。すごい喜ぶので、是非上のバナーから登録してくださると幸いです。