Resort Mile

陸マイラー リゾートを愛す

クレジットカード多重申し込みの検証経過報告

ブログの更新を怠っていますが、着実にクレジットカードを発行しております。

クレカ発行は5分でできますので、仕事が忙しいは言い訳になりません。笑

 

...ということで私の2017年1月から4ヶ月間のクレカ発行は下記の通りです。

 

  • SPG AMEX(1月)
  • ソラチカカード(1月)
  • 楽天カード(1月)
  • エポスカード(2月)
  • セゾンカード(3月)
  • ヤマダANAアメックス(3月)
  • ローソンPontaカード(4月)
  • MUFGアメックスゴールド(4月)

 

平均2枚/月を発行していますが、今のところ問題ありません。今後もこのペースで発行していき、否決されましたらまたご報告いたします。否決されたら、妻名義で発行を続けますが...。

ところで、元々アメックスグリーンと三井住友プライムゴールド、さらにはエネオスカードを持っていたので、合計11枚まで膨れ上がってしまいました。どうもクレカお化けです。

 

 

保険案件で19,200ポイント(18,280ANAマイル)GETした話

f:id:resortmile:20170311224340p:plain

仕事の関係でしばらく更新が滞っておりました。

2月下旬に、立て続けに保険案件を受けて19,200ポイント(.money)を得ました。

(...まだ承認されていませんが。)

 

1時間程度×2回で、これだけのポイントが得られるとは。ちょっと引くレベルの大盤振る舞いですよね・・・。でも、このポイントって出所の大元を考えると被保険者な訳です。つくづく、このポイントの原資を考えると紹介を受けた保険に入る気にはなりません。(笑)

 

 

今回の保険案件、具体的には下記の通り進めました。

1/29 .moneyより案件申請

1/30 面談日時確定

2/11 保険面談①(保険のFP)

2/25 保険面談②(保険の時間)

 

 

面談の中身は?

面談相手はFPさんです。金融商品の知識を備えた、保険の代理販売人です。「保険のFP」「保険の時間」それぞれから派遣されたFPさんに、共通した特徴がありました。それは下記の通りです。

  • 「私は中立です。」を最初に強調。
  • その割に、ライフネット生命等のネット生保の話題を出すと露骨に話題を変えようとする。
  • 掛け捨てがいいと言っても、やたらと積立終身保険を勧める。
  • 「遠くから時間をかけてわざわざ慈善事業で来ました」的なテンションで来る。

終始感じたのは、リターンの薄い投資商品を売りたくてしょうがないんだろうな...というところ。掛け捨て保険にして、積立型保険との較差分は株式等で運用しますと言っても、あまり聞く耳を持ってくれませんでしたね。笑 30年で投資金の120%って...どんだけ資金効率悪いんだよ...。 うちの工場の投資資金回収でこんな数字提示したら、次回から会議で発言権無くなります。笑

 

ここまでボロクソに書くと、なかなか保険案件が億劫になる人多いかもですが、私は保険の話を早々に切り上げて積極的に別の金融商品の質問を立て続けにしました。今話題のIDECOの話とか。ただで、FPからこういう話を聴く機会としては、割と有用なのではないでしょうか。少なくとも、私は聞いてて為になったし、時間を有効に活用できたと思ってます。

 

メインカードとしてのSPG アメックス徹底解説

年会費の高さに思わず表情が曇りがちなこのカード。食わず嫌いはイケません。持つべき人が持てば、確実に膨大なメリットを享受できます。早速、わかりやすく解説して見ます。

 

アホほど高い超高額年会費カードを持つ理由

経営者用?公務員・会社員でも十分「オイシイ」カード

年会費33,480円を超えるこのカード。いわゆるブラックカード、プラチナカードを除くと年会費が最も高額なカードのうちの一つです。持ってる人は、会社経営者や医者、資産家なんかのセレブか見栄っ張りなんじゃないか...。そんな印象ではないでしょうか。しかしおそらく、これほど最初の印象と実利が乖離しているカードはありません。公務員でも会社員でも、持つ人が持てば、完全に「オイシイ」カードです。

f:id:resortmile:20170108230154p:plain

年会費なんて余裕でペイできる「無料宿泊特典」

 最大のメリットは、この無料宿泊特典です。「無料〜」って響き、なんか詐欺っぽいというか、裏がありそうなんであんまり好きじゃないのですが、SPG AMEXの無料宿泊特典は本物です。例えば、ある週末の恵比寿のウェスティンは33,250円。赤坂見附のラグジュアリーコレクションは50,350円。年会費以上の宿泊価格のホテルに、SPG AMEXで宿泊できます。先ほども申しましたが、こういう無料特典には「例外」がありがちです。例えば、年末年始は対象外です...みたいな。しかし、SPG AMEXでは「例外なく」宿泊できます。いわゆるブラックアウト(=宿泊除外日)がなく、クリスマスや年末年始など価格が跳ね上がるタイミングでも全く問題なく宿泊できます。無料宿泊特典に総枠が決められているわけではないので、本当に客室が埋まってない限り宿泊予約可能です。

f:id:resortmile:20170121125308p:plain

ラグジュアリコーコレクション プリンスギャラリー紀尾井町

高確率で客室アップグレード

「Starwood Gold Preferred Guest」

無料宿泊特典だけでも十分元がとれるのですが、これに迫る特典が「スターウッド・ゴールドプリファードゲスト」会員資格の獲得です。これ、スターウッド系列の上級会員資格で、 持っているだけで高確率で客室のアップグレードが受けられます。もしSPG AMEXを持っておらず上級会員資格を得ようとしたら、

1暦年内に10回の「対象となるご滞在」、または25泊の「対象となるご宿泊日数」

が必要になります。かなりハードル高いですよね...。

もし客室アップグレードを受けたら、それこそ3万の宿泊予約が8万にも20万にもなるわけで...、口コミ等を見ていると、どうやらアップグレードの可能性がかなり高いのです。

f:id:resortmile:20170121132854p:plain

ウェスティン仙台

「マリオット」「リッツ・カールトン」でも上級会員資格

ちなみに、ホテルの上級会員資格はどこの系列ホテルでもやっています。先日、スターウッドと合併が決まった「マリオット」と、その傘下にある「リッツ・カールトン」の会員資格もスターウッドとの連携が始まりました。これらホテルの上級会員資格も、自動的に取得できてしまうのです。つまるところ、「スターウッド」でも「マリオット」でも「リッツ・カールトン」でも、客室アップグレードが高確率で行われるということです。

f:id:resortmile:20170121131926p:plain

リッツ・カールトン東京

このカードを持つと得する人損する人

得する人→年一回は、3万円以上するホテルに泊まるかな〜?な人

平均的な所得であっても、クリスマスや夏休みシーズンなど一般的にホテル代が高くなるタイミングで宿泊することは多いかと思います。そんなタイミングでは、間違いなく宿泊代は3万円を超えてくるかと思います。3万円以上のホテルに泊まる方で特にご贔屓のホテルがない方であれば、下記ホテル群への宿泊に無料宿泊特典を活用することで年会費をペイできる為、SPG AMEXはオススメです。少なくとも、損をすることはありません。

国内で無料宿泊出来るSPG系列ホテルリスト
海外リゾートで無料宿泊出来るSPG系列ホテルリスト(非常に多いので、リゾートの一部を紹介)

もちろん、これ以外にもたくさんのリゾートやほとんどの国の主要都市部に、スターウッド系ホテルがあります。

損する人→記念日だろうがクリスマスだろうが高級ホテルなんぞ泊まらんわ!!な人

という方は、間違いなく年会費分損をします。であれば、年会費無料カードもしくは高還元率マイルカードを選択した方が賢明です。 

年会費無料カードや、マイル高還元率カードと比較しても持つべき?

他のカードと徹底比較! 損益分岐点を調べて見ました

年会費を無料宿泊特典でペイできる前提で、他のカードと比較検討してみました。下の図は、獲得できるポイント額をマイル換算した時のグラフです。

 

SPG AMEXの還元率を1.25%、無料カードで有名な楽天カードを1%、陸マイラー王道のカードと言われるANAワイドゴールドカードを1.73%として比較しています。そもそも還元率がSPG AMEXよりも低い楽天カードはもとより、決済額が200万円代までなら、陸マイラー御用達のANAワイドゴールドカードよりもSPG AMEXの方が有利です。

SPG AMEXで貯まる「スターポイント」はJALを含む主要航空会社のマイルと等価交換可能

ポイントサイトなどを活用する陸マイラー活動では、ANAマイルに焦点を絞って貯めていくことがほとんどです。一方SPG AMEXで貯まる「スターポイント」は、ANA以外にJALやBritishAirways、シンガポール航空など主要航空会社に以降することができます。いざ特典航空券に換える時、希望の行き先へ空席がある確率が飛躍的に高まります。

もちろんスターウッド、マリオット、リッツ・カールトンでの宿泊に交換可能

300万円決済なら、 ウェスティン東京やセントレジス大阪に一泊程度できるスターポイントが貯まります。シェラトン モルディブや、ル・メリディアン タヒチにも十分泊まれるポイント数です。宿泊した際のスターウッドポイントの価値は、1ポイントあたり1.4円から6円程度であり、場合によってはマイルに交換するよりも魅力的になっています。

SPG AMEXのデメリットを解消! 併用すべきカードまとめ

SPG AMEXの最大のデメリットである高額な年会費は、無料宿泊特典を有効に使える人なら無視できることがわかりました。ただ、まだまだデメリットがあります。

デメリット...国際ブランドがAMEX

AMEXが使えず、VISAやMasterCardしか使えない店って、ほとんどないと思います。ほとんどないのですが、確実に存在します。特に海外旅行に行かれる方は、VISA/MasterCardを持っておいた方が安心できるでしょう。例えば、300万円以上決済がある方は先ほどの陸マイラー王道カードである「ANAワイドゴールドカードVISA」が良いかと思いますし、それ以下の決済額であくまでも補助的に使うのであれば楽天カード等の年会費無料カードが宜しいかと思います。

f:id:resortmile:20170108200932p:plain

すでにAMEX持ってます...!そんな人が気になることまとめ

プロパーAMEX GOLDとの主な違い

基本的には、海外旅行保険からショッピング補償まで内容は同じです。海外旅行で頼りになるデスクサービスの「オーバーシーズアシスト」も付いています。一方でSPG AMEXについてないもの、それは「ゴールドダイニングby招待日和」と「家族カード無料」です。ゴールドダイニングは、高級レストランにて1名分無料になる特典で、T&Eカードの大きなメリットとなっています。残念ながら、こちらがついてこないです...。また、家族カードの発行には16,740円追加で掛かってしまいます。

Member Sinceが引き継がれます

これは、地味に嬉しかったりします。Member Sinceとは、アメックスの右下に書かれている入会年のことです。将来的にアメックスゴールド、そしてプラチナを目指す時にMember Sinceが引き継がれるのは、安心というか、嬉しいですよね。

 まとめ

 年に一回以上高級ホテルを利用される方には、非常に魅力的なカードです。 じっくり吟味して、カード選びの参考にしてもらえれば幸いです。ちなみに、直接ホームページから申し込むのは愚の骨頂です。「ハピタス」等のポイントサイトに登録し、ポイントサイト経由で申し込むと2000円分のポイントが手に入れられます。(SPG AMEXの場合) 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 ちなみに、上のバナーから登録いただくと私にもビミョーにポイントが入ります。アフィリエイトみたいなものです。すごい喜ぶので、是非上のバナーから登録してくださると幸いです。

海外旅行の新たな必需品! 絶対持っていきたい“ドローン”のススメ

皆さんは、海外旅行に何を持って行きますか?一眼レフを持って行く人もいれば、ビーチベッドでまったりしながら読むための小説を持っていく人もいるでしょう。最近は、旅客機の爆音から逃れるためのノイズキャンセリングヘッドフォンを持っていく方もいますよね。...中でも「絶対持っていくべき!」と私が思っているもの、それが「ドローン」です。

ドローンのイメージ

日本での実態は?

皆さんは「ドローン」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?「日本で飛ばすとつかまる」「オタクが持ってそう」「姫路城にぶつかりがち」「総理官邸に不時着しそう」...etc。

確かに、日本で所有してもメリットって少ないです。子供の運動会に持っていったら、きっと周囲の親御さん方に白い目で見られるでしょうし(笑)、京都旅行にでも持っていったらおいでやす意識高い系の住人に通報されることでしょう。

また、実際「航空法」により世界でも有数の規制が敷かれています。人口密集地域(=都市部)では飛行不可ですし、上空150m以上もNGです。

ただ、このようなイメージや、日本での運用の難しさだけでドローンを遠ざけるのは勿体無さすぎるのです!

海外ではどう受け入れられてる?

海外でのドローンの認知度は、日本のそれよりも遥かに高いです。しかも、日本のようにネガティブイメージが先行しておらず、新世代のデバイスとして認識されています。その為、まず「人の目を気にすることなく飛ばすこと」ができます。また、操作方法が極めて簡単で扱いやすいことから、女性にも人気となっています。

海外旅行でドローンを持っていく3つのメリット

美しい思い出を、映画のように印象深く美麗な映像として残す

ドローンによる空撮映像って、実際撮ると劇的にドラマティックに映ります。

旅に持っていくドローンは、思い出を残すムービーカメラの役割を果たします。ジンバル機構(ブレ補正)や、高画素(4K等)で撮れるものが主流となっており、通常の一眼レフでは撮影することの出来ない、映画のような美麗な空撮映像が撮れます。 もちろん一眼レフで撮ることのできる思い出もありますが、ドローンでの撮影は将来振り返る時に一層の臨場感と迫力を持って残せる思い出となるハズです。

カメラマン無しでフォトウェディングが出来る

通常、リゾート先でフォトウェディングを頼むと10万円単位でコストがかかります。ハワイだと撮影費用だけで6〜12万円程度、モルディブタヒチだと20万円〜35万円程度かかります。もちろん、枚数によっては追加コストもかかるし、天気が多少悪くても御構い無しです。しかしドローンを使えば、フォトウェディングのカメラマンによる撮影と遜色ない程度で撮影することができます。枚数制限もなければ、良い天気の時に自由に撮影することができるのです。これは、大きなメリットです。ここではフォトウェディングを挙げましたが、もちろん物凄くお手軽なのでセルフィーがわりに撮影することも容易です。 

f:id:resortmile:20170120224132p:plain

旅行先で手軽に冒険できる

f:id:resortmile:20170120225322j:plain

ドローンの中には、撮影しながらリアルタイムで映像を確認できるのもがあります。この機能を使えば、ホテルにいながら近くを探索することができます。例えば私が実際にしていたことは、モルディブのホテルを上空から撮影し、どこが一番美しいビーチか探して見たり、ドロップオフ(サンゴが群生しやすい、水深が深くなるところ)がどのくらい離れたところにあるか確認したり。山があったら、山の向こうには何があるかを探索しにいったり。時間をかけずに、楽しみながら旅行先のホットな部分を探すことができるのです。

タイプ別「持っていくべきドローン」3選 

ドローンにも、タイプがあります。何を目的にしているのかで慎重に選びましょう。オーバースペックなドローンを掴んでもお財布が痛みますし、ウェディングフォトのようなずっと残る思い出を貧弱な映像にしてしまうことはあり得ない事態です。

 

DJI PHANTOM 4 PRO

  • 実売価格   : 204,000JPY(税込)
  • 画素     : 4K/2,000万画素
  • ブレ補正   : 3軸ジンバル
  • 最大飛行時間 : 30分
  • 最高飛行速度 : 72km/h
  • 重量     : 1,388g

撮影のためならある程度荷物が嵩張っても構わない!という方にオススメの、少し大きめのドローンです。高級民生用ドローンで世界最大のシェアを誇る中国企業「DJI」のセミプロモデルです。旅行に持っていくには苦労しそうなサイズですが、あり得ないほど美麗で全くブレのない映像が撮影できます。テレビ局でも使用されており、ドラマティックな思い出を撮影するのにこの上ない機材です。旋回しながら自動で被写体を追尾したり、撮影者からの信号が途切れたらGPSを頼りに自動で離陸元に戻ったり、障害物があったらセンサーで自動回避したり。3軸ジンバルという、ブレを魔法のように吸収する機構も備えており、まるでヘリで撮影したかのような映像となります。撮影しながら、リアルタイムで映像を確認できます。

DJI Mavic Pro

  • 実売価格   : 129,800JPY(税込)
  • 画素     : 4K/1,200万画素
  • ブレ補正   : 3軸ジンバル
  • 最大飛行時間 : 27分
  • 最高飛行速度 : 64.8km/h
  • 重量     : 734g

 先ほどのPHANTOMと同じDJI社製で、折りたたむとペットボトルほどのサイズに収納できる、コンパクトドローンです。コンパクトサイズとはいえ、PHANTOM PROとほぼ同じ機能を備えています。違いといえば写真の画素数と動画の滑らかさが若干劣る程度です。ちなみに、この記事上部のモルディブの映像は、私がこのMAVICで撮影したものになります。超オススメです。

 ZEROTECH DOBBY

  • 実売価格   : 42,300JPY(税込)
  • 画素     : 4K/1,300万画素
  • ブレ補正   : 無し
  • 最大飛行時間 : 9分
  • 最高飛行速度 : 不明
  • 重量     : 199g

先ほどの2製品とは異なり、ゼロテックという会社が製造しているドローンです。黒板消しを一回り小さくしたくらいの超軽量ドローンで、まさに入門ドローンといった感じ。映像も4Kで、DJI製品ほどではないですが追尾機能も付いています。ただ、ジンバル機能がないので、映像のブレはDJI製品とは比べものにならないほど悪いです。


 

まとめ

ドローンは、海外旅行をますます魅力的にする必須アイテムです。素晴らしい思い出を、美麗且つ印象深い形で残すことができます。タイプに応じて最適なドローンを選び、まさにプライスレスな価値を持つ思い出をたくさん作りたいですね。

絶対損したくない!年収500万円〜600万台のクレジットカードまとめ

公務員の方、年功序列型の会社で働く20代・30代の方は、所得を上げることが容易ではありません。株や不動産などの資産がある方は運用益を得られますが、私のように資本がアスパラ並みに細々としている人...は、基本的に「会社の給与ー税金等=可処分所得」です。

とはいえ、年齢が上がるごとに確実に年収が増える今の職場を離れる勇気もなく...

 

...ということで、限りある可処分所得の中で「損をしないために」思考を巡らせる必要があります。損をしないために必要なこと...その一つが、「自分に合った効果的なクレジットカード」を持つことです。 

クレジットカードを持つと、なぜ損をしない?

f:id:resortmile:20170119211740p:plain

消費に価値をもたらす

給与以外の収入がない場合、資産を増やす為には消費をコントロールする必要があります。もちろん、ゴルフに行く回数を減らしたり、遊びに行く回数を減らしたり節約できれば良いのですが...。人間なので、お金のかかる遊びはしてしまいます。もちろん、食費や光熱費等、必ずかかる消費もあるでしょう。節約に限界がある以上、消費自体に価値を見出す必要があります。クレジットカードには、消費することで得られる「ポイントorマイル=資産」を得ることができるのです。

消費を自動で管理出来る

クレジットカードでの決済は、消費を管理することが非常に容易になります。「マネーフォワード」等の管理アプリをクレジットカードと連動させれば、自動的に決済のログを取得できます。食費や交際費等にいくら費やしたのかをアプリが自動計算し、無駄な支出がないか確認が容易にできます。いちいちレシートを取っておいて、後から手書き家計簿...なんて、時間の無駄以外の何物でもありません。結局手書きが面倒臭くなって、レシートが財布の中にパンパン...という状態になるのがオチです。いや、5年前くらいの私の財布がまさにこの状態だったのですが...笑

海外で信用を得られる

欧米、深セン等の中国沿岸部など、日本では考えられないくらいカード決済が流通しています。それは、もしかしたら日本ほど貨幣への信用度が高くないからかも知れません。貨幣の代わりに「信用が高い」クレジットカードを使ってもらうことが、こういった国々で商売をしている側にとっては非常に合理的なのです。特に、意思疎通がうまくいかない外国人は、より一層信用を示す必要がある為、クレジットカードを持つことが重要となります。例えば、ホテルなどでは現金でのやり取りを断られるケースがあります。私の知人のバックパッカーが大学時代、不注意でカードが使えなくなったままホテルに入り、現金決済を求めたところ断られたそうです。その時は、ホテルを転々としてなんとか安モーテルに泊まれたそうですが、、こんな思いはしたくないですよね。私なんか速攻心が折れると思います。

結局、ホテル内で犯罪を犯したりしないか、、など、あらゆるリスクを考える場合に身元情報が割れるクレジットカードの存在が、商売している相手方からすると重要だということなのです。

 

 皆が必ず持つべきクレジットカードなどない

f:id:resortmile:20170111221650p:plain

 消費のタイプによって持つべきカード像が見えてくる

皆が同じ消費の仕方をするわけではありません。だから、どのような消費をするのか見極めてカードを作らないと、損をしている可能性が高いです。様々なブログを拝見していますが、一律で「このカードは必ずオススメ!」と言っているブログを見かけますが...、どうせアフィリエイトで出ている案件だろ、、と思いつつ(笑)

ということで、タイプ別に持つべきクレジットカードをまとめてみました。  

最小限の消費しかしない、節約ミニマリストは「年会費無料の高還元率カード」

徹底して遊びをセーブし、外食せず、食費を切り詰めることが出来るこのタイプ。余った給与を有効に株式投資等に回すことができる為、非常に羨ましく思います。おそらく、税・家賃を除いた年間消費は100〜200万円程度ではないでしょうか。 ということで、このタイプに合うカードは「年会費無料の、高還元率カード」です。代表例は、以下のカード。

 

楽天カード

 

 言わずと知れた年会費無料カードの代表例。私もつい最近の17年1月に取得しました。とにかく爆速で届きます。(笑)申し込む時は、こういうブログサイトから申し込んではいけません。「ポイントサイト」を必ず利用するべきです。「ポイントサイト」を経由することにより、「ポイント=マイル」が発生します。おそらく、予想しているよりも多くのマイルが得られるので、ぜひ活用してみてください。詳しくは、下の記事を見てください。

消費が少ない分、当然得られるポイントも少ないです。そのため、年会費がかかるとその年会費を超えるほどの利益を得られず、損をします。損益分岐点まで至らないのであれば、年会費無料の高還元率カードを狙いましょう。

 

「細い作業いくらでもできます」几帳面タイプは、ポイント・マイルを根こそぎGET!「航空系マイルカード」

平均的な支出を伴いながら(年間消費200万〜300万程度)、マイルを根こそぎ!という方は、航空系マイルカードが適しています。代表例は、以下のカード。

ANAワイドゴールドカードVISA

f:id:resortmile:20170108200932p:plain

若干面倒くさい作業が入りますが、いわゆる陸マイラー向け王道カードとなっているカードです。

マイペイスリボの設定・年一回の決済で、年会費が14,000円(税別)→9,500円(税別)に割り引かれます。これは最初の初期設定なので良いとして、問題は月一回行われる作業の面倒臭さ。通常の使用だと還元率1.3%程度を1.7%程度まで引き上げる為に、決済のタイミングでリボ払い額を微調整するという作業を行わなければなりません。

 

...私は、圧倒的に面倒に感じた為、このカードは見送りました。....が、最大限マイルを獲得する為には必須のカードとなってます。 

 

旅行が好き、だけど面倒臭いの嫌、とにかく楽に損したくないタイプは「ホテル系カード」

f:id:resortmile:20170113221600p:plain

平均的な支出を伴いながら(年間消費200万〜300万程度)、旅行好きな面倒臭がり屋さんは、「ホテル系カード」が適しています。代表例は、以下のカード。

SPG AMEX 

f:id:resortmile:20170108230154p:plain

 始めに言っておきますが、貧乏旅行好きの方には適しません。ある程度のクラスのホテルに年一回は泊まる方向けです。というのも、年会費が33,480円(税込)とアホ高いです。しかし、その分サービスがえぐいほど充実しています。まず、SPG系列ホテルに年一回泊まれる、無料宿泊特典が付きます。祝日でも年末年始でも、ブラックアウト(=宿泊除外日)無しで泊まれる特典で、例えば恵比寿のウェスティンなど土曜日は4,5万します。これだけで元が取れるどころじゃありません。さらに、SPGゴールド会員資格を付与されるので、客室の無料UPグレードがかなりの確率で見込まれます。

つまり、少なくとも年一回このクラスに元々泊まる方であれば、年会費は無視できます。その上で、何もせずともマイル還元率1.25%と高めですので、私のような旅行好きの面倒臭がりには最適です。

 

まとめ

クレジットカードを作らない、使用しないということは、 消費から得られる価値をドブに捨てていることと同義です。また、所持するだけで得られる「信用」も見逃せないメリットです。そして、ブログでありがちな「全員にオススメ」できるカードなどなく、タイプごとに自分に適したカードを持つことが重要です。自分に適したカードをメインカードに据えて、「損をしない」素敵なクレジットカードライフを送ってください!

 

 

 

手始めに...楽天カード作成でマイル(=ポイント)をGETしてみる

クレジットカード作成案件の概要

ソラチカカード作成の際、少しお話しした「クレジットカード作成案件」。その名の通り、クレジットカードを作成するだけでマイル(=ポイント)がGETできるというものです。GETしたポイントは、ソラチカカードのポイントであるメトロポイントに変換し、90%の変換効率でマイルに交換できます。(何も考えずにマイル交換すると50%の変換効率)

f:id:resortmile:20170114105854p:plain

....ということで、今回は実際にクレジットカードを作って見たいと思います。今月、既にSPG AMEXとソラチカカードを作っているので、多重申し込みが怖いですが...(笑)

続きを読む

SPG AMEX スターポイントで宿泊出来る国内ホテルリスト

SPGスターポイントとは

SPG AMEXにて獲得できる「スターポイント」は、下記の方法で獲得できます。

 ・カード取得からヶ月の間に10万円以上決済で10,000ポイント獲得

 ・決済額100円につき1スターポイント獲得

 

最初の一年目で300万決済の場合、40,000ポイント獲得ということになります。

マイルに交換という手はもちろんあるとして、そのまま宿泊特典として使うという手段も考えられます。ちなみに、下記は国内のホテル群のある休日の値段。

 

続きを読む